芸術工学部

理念

芸術工学部は、デザイン・芸術の感性と工学の理論を身につけ、人間中心の考え方ができる総合デザイナーの育成を目指しています。

理念と目的

  • デザイン、芸術と工学分野の幅広い知識と理論を学ぶことにより、環境の持続可能性、健康福祉など、社会的要請の強いテーマに対する問題解決能力を養います。
  • デザインと工学分野の専門的知識、理論、技法を学ぶことにより、形態と機能のバランスを保ったデザイン力を養います。
  • デザインの実践教育の場として、少人数学習によるデザイン実習を重視しています。
  • 外国人教師による講義やワークショップ等での実習指導により、国際的に活躍できる人材を養成します。

学科

・情報環境デザイン学科
・産業イノベーションデザイン学科
・建築都市デザイン学科

芸術工学部オリジナルサイト