モバっちょ


学部長から
栄養に関する高度な知識を身に付けられるよう全面的にサポートします

 本学では、保健、医療、福祉、教育などの場で、県民の健康で豊かな暮らしの実現に寄与できる管理栄養士の養成を目指しています。その実現に向けて、特色あるカリキュラムを準備しました。1年次には、山形県の特性や食について学ぶ「山形の食と健康」や管理栄養士の使命・役割を学ぶ「管理栄養士導入教育論」、2年次には、管理栄養士が栄養指導の対象者と良好な人間関係を築くうえで不可欠なスキルを学ぶ「コミュニケーション論」3〜4年次には、現場を体験し実践力を身につける「臨地実習」や主体的に考える力を養う「卒業研究」があります。

 4年間を通じて、学生一人ひとりが栄養に関する高度な専門知識と技術を身につけられるよう、教員が一丸となってサポートしていきます。こうしたきめ細かい教育は、本学ならではの魅力です。