menu


第177回『雨と髪の間』
 ちょっとカッコつけた(笑)感じのタイトルとなりました今回のスタブロは、この時期にピッタリの話です!全国的に梅雨入りし、何となくじめーっとした空気の日が多いので…やっぱりこの時期は憂鬱になりますよね。特に私はくせ毛なので、この時期になると髪がうねり広がり、大変なことになってしまうので困ります(―_―;)くせ毛じゃない人でもこの時期だけは髪の毛がまとまらなくて困る…そんな人は多いですよね。実はそれ、髪の毛の表面に原因があったってご存知ですか?

 髪の毛の表面はキューティクルで覆われている…というのはよくシャンプーのCMなどでも耳にするので知っている人も多いと思います。このキューティクルはタンパク質が角質化したもの。固くなったタンパク質がうろこ状に並んで髪の毛の中から栄養が逃げるのを防いだり、外からの汚れを付きにくくしたりしているのです。うろこ状に並んでいるので、髪の毛は柔軟さを保っているのですね。では、このキューティクルがはがれるとどういうことが起きるのでしょう。
 キューティクルは熱や紫外線、物理的な刺激によって傷ついていきます。傷ついたキューティクルは剥がれ落ちてしまい、髪の毛の保護機能は著しく低下してしまいます。こうなると内側の栄養分や水分を保てなくなり、パサパサしてくるんですね。さて、ここに多量の水分を与えるとどうなるでしょう。実は傷んだ髪は水分を保てなくなるのと同時に、外部から取り込める状態となっているので、髪の毛は水分過多になってしまいます。傷んだところは水分過多、健康なところは適切な水分量…ハイ、うねる原因が見えましたね!(笑)くせ毛の方は元々キューティクルの構造に偏りがあるので、このような現象が起きやすいということではないでしょうか。

 髪の毛のうねりは気になりますが、この時期は草花が雨露に濡れて美しい季節でもあります。雨の日は湿度の管理された部屋でお勉強…時々窓から外の草花を眺めてみる、なんてのも良いですね♪髪(キューティクル)の隙間を気にせずに済むには…やはり外に出ないのが一番なのかもしれません(笑)

 ご意見・ご感想、リクエストお待ちしています(^ω^)/