menu


第134回『脳にスパイス』
 大寒波が訪れていた日本列島…みなさんの住んでいる地域は大丈夫でしたか?寒くなり雪が降ると、困るのが今週末に迫ったセンター試験…。交通の乱れも考慮して、早め早めの行動を心がけましょう!

 それはさておき、みなさん試験日の朝には何を食べますか?過去のアンケート結果ではごはん、パンなどに交じって面白いものがランクインしていました。それは『カレー』。朝カレーはCMでも取り上げられ、有名になったので、耳にしたことがあると思います。実はこのカレー、受験生の強〜い味方なのです!1・2年生も模試や部活の試合など、ここぞっていう日に試してみてください♪

 カレーは沢山のスパイスが入った料理。クミン・ターメリック・コリアンダー・ガラムマサラ…等々、代表的なものだけでも10種類を越えます。カレーが脳に及ぼす影響を研究している大学教授によると、カレーを食べると脳内の血流量が2〜4%ほど増加することが分かったそうです。脳内血流の増加…つまり脳が活性化したということですね!実験でも集中力や計算能力が上がるという結果が出ています。食べるだけで集中力や計算力が上がるなら、これは是非試してみたいですよね!ちなみに余談ですが、大学の周りにはカレー屋さんが多いそうな(東大付近にカレー屋さんが多いのは有名な話ですね!)。
 また、カレーに使われるスパイスのなかには漢方薬として用いられるものも多いそうです。例えばターメリック(ウコン)は鎮痛、抗酸化作用、殺菌効果を持ち、クミンは消化促進、腹痛の治療薬として用いられます。まさに美味しく食べられる漢方薬ですね!

 試験日の朝に何を食べていこう…と悩んでいる人は、カレーはいかがでしょうか。ただし、気を付けて欲しいのが、胃もたれ。普段朝ごはんをあまり食べていない人だったり、体がまだ完全に起きていない時間帯に食べてしまったりすると…気持ち悪くなったりするかもしれません。…やはりいつも通りの食事の方が良いのですかね?(^_^;)受験生は万全の体調で臨めるように、今週は体調管理にも気をつけましょう。受験までまだ時間のある1・2年生も、寒さに負けないようカレーを食べてみてくださいね☆

 ご意見・ご感想、リクエストお待ちしています(^ω^)/