No.1 物語

 皮肉も相手のためをおもって言う場面もあるのです。(melancholy reaper)