No.3 物語

 襟に何かついていて、それを見た親切なヤンキーが教えてくれた。(ゆきち)