No.4 物語

 好きな人には、ましてラブレターなんか渡せるわけがない。(マッサママ)