No.2 物語

 考え事をしたり、スマホに一生懸命になったりして、自分だけの世界に入っていると、危ない。(マッサママ)