No.7 物語

 不毛な内容の会議にばかり出ているサラリーマンの嘆きです。(鹿麻呂)