No.1 物語

 昔からツイてない・・・・・・私は悲運にあるようだ。(あい)