No.2 物語

 僕の高校の規則はあまりにも高度でした(泣)(ラナ)