モバっちょ


respon論文コンペティション2019 優秀賞 受賞
国際コミュニケーション学部4年の町田和春さんが、2020年1月31日、レスポン社が主催する「respon論文コンペティション2019」において優秀賞を受賞しました。

respon論文コンペティションは、大学や企業向けにスマートフォンを使ったアンケートシステムを提供する株式会社レスポン社が、昨年夏に主催した論文コンペティションです。町田さんは、レスポン社から貸与されたアンケートシステムを使って研究を行い、12月に論文を提出しました。審査の結果、町田さんの論文はみごと優秀賞に選出されました。

論文のタイトルは「災害情報と避難促進の関係についての調査」です。近年開発が進んでいるスマートフォン用の「災害情報提供アプリケーション(アプリ)」に着目し、豪雨や台風などの自然災害状況において、人々の避難促進につながる情報をいかにアプリを通じて提供するかを、行動実験により検証しました。

情報を見たユーザー自身の避難行動だけでなく、情報を受け取ったユーザーが他者に避難を呼びかけるにはどうすればよいか、という観点を盛り込み、研究を実施して論文にまとめ上げました。

町田さんは受賞した論文をさらに発展させて、国際コミュニケーション学部の卒業論文として提出しました。卒業後は公務員として就職することが決まっています。研究を通して学んだ知識はもちろん、目標を達成することで育まれた、調査を実施する行動力、協力者とのコミュニケーション、最後まであきらめないで執筆する力を活かして、ご活躍されることを期待しています。

外部リンク:
respon論文コンペティション結果発表
https://respon.jp/index.html#banner