国際コミュニケーション学部

「英語を習得したい!」「国際的に活躍したい!」など前向きな意欲を持っている学生たちのために、高度で実践的な英語運用能力と人文・社会科学系の専門知識を得ることができる学びの場です

 国際コミュニケーション学部は国際社会に対応しうる有能な女性の育成という本学の建学理念を実現するために、平成17年(2005)に設置されました。

 自らの課題を発見し、解決する能力やグローバルな知識を身につけ、様々な背景を持った人々とも協働できる広い視野を持つ国際人を育てます。そのために、少人数で学ぶアクティブ・ラーニング形式の授業を多く開講し、お互いに切磋琢磨する学修環境を整えています。

 本学部学生全員が卒業までにTOEIC800点を目標にしています。ネイティブの先生方を交えた徹底的な英語教育、約75%以上の学生が経験する短期・長期海外留学、また夏季休暇中に学内で開講される英語集中講座(STRIPE)などにより、多くの学生が目標を達成しています。

 2年生からは、英語学・言語学の諸分野を学び、英語を深く理解する力を養う「英語コミュニケーション課程」と経済・経営・政治・行動科学などの専門知識を学ぶ「国際ビジネス課程」のどちらかを選択し、自分なりの専門分野を定めて学修を進めていきます。課程制なので垣根が低く、どちらの課程に所属してもクロスオーバーに学ぶことができます。
広く世界を舞台に活躍できる人材を育てます

 英語コミュニケーション課程は、ネイティブも交えた徹底した英語教育で、高度で実践的な英語運用能力を養うと同時に、広く世界を舞台に活躍できる人材を育てます。

 国際社会で活躍するために必要不可欠な語学力をネイティブの教員2名を含む語学・言語学の専門家が、4年間一貫して教授します。TOEIC、TOEFLなどの英語能力試験に対応できる力を養いつつ、英語によるディベート、プレゼンテーションなどを通じて、より実践的な英語コミュニケーション能力を身につけます。また、最新のCALL(Computer Assisted Language Learning)システムも利用しながら、着実に実践的な英語運用能力を向上させることができます。そして楽しく、国際社会で役立つ英語運用能力を養います。

 課程制は、従来の学科制と比較してお互いの垣根が低く、例えば英語コミュニケーション課程にいながら国際ビジネス課程の授業を多く履修し、卒業単位として取得することが可能です。
高度な英語力や国際社会のリーダーに必要な専門知識、幅広い教養を修得

 初年時には、大学や社会で役立つ基礎力や、ビジネスでも必須とされる仲間と共同して問題を解決する力を習得します。国際経済や国際政治の基礎知識も学部生全員が身につけます。

 2年次からは、経済学や経営学、政治学、行動科学をベースに、国際社会やビジネス界で活躍するために必要な知識とスキルをしっかりと身につけます。アクティブ・ラーニング科目では、現代国際社会の諸問題を自ら調べ、論理的に分析し、グループ学習に取り組むことでリーダーシップを養います。

 3年次になると、専門領域を深く学ぶゼミナールが開講されます。1ゼミナールあたり最大で8人の徹底した少人数で、興味あるテーマを卒業までに自立的に探求していくことができます。

 全学年を通して、国際社会の最前線で活躍する各国駐日大使、NGOやビジネスリーダーによる講義が多数開講されています。最新の国際情勢や政策決定過程、ビジネス界の動向について現場の生きた知識を習得できます。