モバっちょ


「第13回浜名湖アート・クラフトフェア」に本学学生が参加しました。(9月21日から22日開催)
 9月21日(土曜日)から22日(日曜日)に浜名湖ガーデンパーク(浜松市西区)にて開催された「第13回浜名湖アート・クラフトフェア」に本学学生が参加しました。

 「浜名湖アート・クラフトフェア」は、感性豊かな地域社会の形成と魅力的で個性あふれる新たな地域文化を創設するために、産官学が連携して2007年より開催されています。全国から330名のクラフト作家が集合し、様々な素材を使って創作したオリジナル作品が並びます。「作り手」と「使い手」の交流の場として、多くの来場者が集まります。

 会場内の「体験コーナー(ワークショップ)」にて、本学デザイン学科の学生たちによるブースを設けました。

 リサイクルされたアルミニウムを溶かしてオリジナルのネームプレートや小物を鋳造するワークショップには、子どもたちを中心に2日間で約300名の方が体験に訪れました。参加者がデザインした発泡スチロールの型に学生たちがアルミニウムを流し込み、協力して作品を仕上げます。

 出来上がった作品を手にした参加者は、皆さん喜んでお持ち帰りになりました。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.suac.ac.jp/news/topics/2019/01976/ (外部サイトへ移動します)