国際地域学部

 国際的に活躍するとともに、地方におけるグローバル化への対応能力にも優れた、地域づくりを担う中核的人材を育成します。

令和2年度(2020年度)国際地域学部の再編について
 国際地域学部では、2020年4月から、従来の4コースから3コースへ再編成しました。詳細は、国際地域学部専用サイト(https://www.unii.ac.jp/faculties-departments/faculty-international/ (外部サイトへ移動します))でご確認ください。

平成31年度(2019年度)までの入学者については卒業まで従来の4コースを維持します。

本サイトに掲載の情報は2020年度の情報です。
 新潟県立大学でグローバルパスポートを! Connect with the world through UNP!

 国際地域学部では国際的視野と学際的知識をもち、国際貢献や地域貢献ができる人材を育成することを目標にしています。

 入学後、最初の2年間はグローバルな環境で英語を使いこなして活躍できるよう、英語教育プログラム「ACE」によって英語を集中的に学びます。

 2年次からは相互に密接に関連した3つの専門コースがスタートします。

 1年次で先ず、国際地域学の導入科目を履修し、学問分野の理解を深めながら、時間をかけてコースを選びます。

 いずれのコースも、人類の持続可能な未来のために必要不可欠な専門知識と考察を提供します。

2020年4月に国際地域学部は、従来の4コースから3コースに再編成しました。詳細は、国際地域学部専用サイト(https://www.unii.ac.jp/faculties-departments/faculty-international/ (外部サイトへ移動します))をご覧下さい。

【国際関係コース】
国際社会の平和と発展に貢献し、自分を磨こう
 国際関係の理論的枠組みを学ぶ講義群、課題解決型の演習やフィールドワークなどを通して、世界、そしてアジア地域の国際的・地域的課題に取り組みます。専門科目を英語で学ぶ科目群も充実しており、日本人教員と多国籍のバイリンガル教員が協力してその学びを支えます。

【比較文化コース】
言語・文化の交差点〜アプローチは無限大
 言語、文化、社会を捉える様々な視点を学び、多文化共生社会の課題に取り組みます。高度な英語運用能力の習得にチャレンジできるカリキュラム、英語圏を中心に地域文化を比較文化的視点をもって学ぶ講義・演習群、英語教育を軸とする言語教育分野の充実したカリキュラムを備えています。

【露中韓コース】
隣国を深く知り、共に生きる道を築く
 ロシア・中国・韓国の言語と文化を専門的に学び、異文化理解の、そして地域及び隣国の文化間の架け橋となる能力を育みます。露中韓それぞれのネイティヴ教員による授業を含む集中的語学カリキュラム、各地域の文化、歴史、社会を深く知るための科目群、また露中韓各国の協定校で実施される語学研修プログラムを備えています。