3年連続 藤田教授が「Highly Cited Researchers(世界的に影響力のある研究者)」に選出

11月18日(日本時間)、Clarivate Analytics社から「Highly Cited Researchers 2020年度版」が発表され、本学の 藤田 武志教授(環境理工学群)がクロスフィールドカテゴリで3年連続選出されました。

Highly Cited Researchersとは、科学・社会科学分野における世界最高峰の研究者を、論文の引用分析により選出したもので、今年は約60か国からさまざまな分野で活躍する6,167名の研究者がリストアップされました。
藤田教授が選出されたクロスフィールドカテゴリは、複数の分野に大きな影響を与えた論文に基づいて非常に優れた幅広い功績を挙げている研究者が選ばれます。

Highly Cited Researchers 2020 検索はこちら
Highly Cited Researchers 2020 について Clarivate Analytics社日本語版サイト

藤田教授の材料組織制御学研究室では、電子顕微鏡を駆使したナノ多孔質金属の作製、3Dプリンターによる新奇材料の開発に関する研究を行っており、この研究が進むと、天然ガスに豊富に存在するメタンを効率良く活性化する画期的触媒の創製や、材料の自在な組織制御と多機能性の発現(電極触媒、熱電材料)など、「エネルギー分野」「化学産業分野」などの他方面における応用・発展へと繋がることが期待されます。また、2020年度からは総合研究所ナノテクロジー研究センター未来材料先端解析分野のリーダーとして、様々な物質の組織・結晶構造等を緻密に把握するための先端電子顕微鏡を活用し、ナノ制御に基づいた新物質の創出をめざしています。

最新News:藤田教授らの研究グループが温室効果ガスを光照射で水素や化学原料に変換することに成功

選出を受けて藤田教授は「研究は日々の積み重ねであることを痛感します。毎年選ばれるように精進していきます」とコメントしました。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kochi-tech.ac.jp/news/2020/005227.html