硬式野球部が新人戦で優勝

11月8日、松山市坊っちゃんスタジアムで新人戦※の準決勝・決勝戦が行われ、本学硬式野球部が愛媛大学、聖カタリナ大学に勝利し、優勝しました。

準決勝で愛媛大学に6-1で勝利した本学は、決勝戦も序盤から得点を重ね、先発の竹 凜星選手(経済・マネジメント学群 1年)、抑えの谷口 恭太選手(経済・マネジメント学群 1年)の完封リレーで8回コールド勝ちし、見事優勝を果たしました。

高知工科大学 040 002 03   9
聖カタリナ大学 000 000 00   0

湯浅監督は「リーグ戦にあまり出場できなかったメンバーが、来年のレギュラーも見据えて必死でアピールし、その結果が優勝につながったと思います。優勝はしましたが、反省しているメンバーも多く、あくまでも来春のリーグ戦で優勝するための通過点と思ってくれているので、頼もしい限りです。冬の練習でさらにパワーアップし、来春全国へ出場したいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントしました。

ご声援いただきました皆さま、ありがとうございました。

※新人戦は、リーグ戦で規定投球回数・規定打席に達しなかった1・2年生で行われる公式の大会です。

※詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kochi-tech.ac.jp/news/2020/005272.html