日本インカレ 競歩で陸上競技部の学生が4位入賞

9月12日、デンカビッグスワンスタジアムで開催された「天皇賜盃第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(以下日本インカレ)」の女子10000m競歩で、陸上競技部の浅野 成美さん(経済・マネジメント学群 3年)が4位入賞を果たしました。



新型コロナウイルスの影響で過去の標準記録突破により、3年連続の日本インカレ出場となった浅野さんは、49分11秒85の第4位でフィニッシュしました。

浅野さんは「コロナ禍のなか合宿や大会がなく、練習・実践不足となり苦労しましたが、日本陸上競技連盟のコーチらに動画でフォームチェックを依頼するなど工夫し、努力を重ねたことが、今回の4位という結果につながりました。今後は地方の公立大学でも結果を残せるということを全国に示せるようにより頑張っていきます」と振り返りました。

今後は2月に開催される日本陸上競技選手権大会の女子20km競歩に出場予定です。引き続きご声援をよろしくお願いいたします。