モバっちょ


天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権 高知県ラウンドにて男子 優勝、女子 準優勝
 4月28日、2019年度天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権県 高知県ラウンドが高知大学にて開催され、男子バレーボール部が3年連続6度目の優勝、女子バレーボール部が準優勝を果たしました。

 本大会には、全日本バレーボール選手権 四国ブロックラウンドへの出場権をかけ、県内の高校生や社会人チームが出場しました。

 男子決勝では高知教員クラブと対戦し、第1、2セットとも安定したプレーで勝利、女子決勝では高知中央高校と対戦し、最後まで粘りましたが、同大会2連覇を達成できず、悔しい結果となりました。

 優勝した男子バレーボール部は、9月1日、高知県立春野運動公園体育館にて開催される四国ブロックラウンドへ出場します。また、準優勝した女子バレーボール部も、開催県枠で本大会に出場します。

 男子バレーボール部 浅山 和哉主将(経済・マネジメント学群 4年)は「去年は、あと一歩のところでファイナルラウンドへの切符を逃しました。その悔しさを糧に日々練習に取り組んできました。今年こそ四国の代表になれるよう頑張ります」と決意を語りました。

 2連覇を逃した女子バレーボール部 池田 紗悠主将(経済・マネジメント学群 4年)は、「今大会で、チームの改善すべき点が多くみつかりました。この負けた悔しさをバネに、9人が1つとなって優勝を目指して頑張ります。応援をよろしくお願いします」と意気込みを語ってくれました。

 今後の試合スケジュールは下記URLからご確認ください。引き続きのご声援をよろしくお願いいたします。

■2019年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権 高知県ラウンド 対戦結果
・男子
準決勝 高知工科大学 2-0 Joker
決勝 高知工科大学2-0 高知教員クラブ(25-20 25-22)

・女子
準決勝 高知工科大学 2-0 高知東高校
決勝 高知工科大学 0-2 高知中央高校
(20-25 24-26)

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kochi-tech.ac.jp/news/2019/004482.html (外部サイトへ移動します)