看護学部

高度化する医療や超高齢社会に伴う看護の役割拡大に対応するため、看護の基礎教育を重視し、学生の看護力を最大限に伸ばします。

1.「自ら学ぶ力」を身につける
 少人数によるグループ学修やアクティブラーニングなど、主体性を持って協力して課題に対応する学び方を多く取り入れます。また、豊富なeラーニング教材を用いて、学生が自ら学ぶ姿勢を支援します。
 専門的な知識・技術の修得はもちろん、物事を多様な観点から考察する能力や創造性を養います。

2.多様な実習の場で実践力をつける
 先端医療を提供する富山県立中央病院をはじめ、県内の公的病院や訪問看護ステーション、様々な保健医療福祉施設で、地域に密着した実習を行います。あらゆる健康段階にある方に適切な看護ケアを提供するための実践力を身につけます。

3.工学的視点を「看護」の世界へ
 看護学・工学連携科目を配置し、工学的視点を取り入れた人にやさしい看護学について学び、新時代の看護師を目指します。

4.キャリア形成科目で自分らしい生き方を探す
 1年次から、「トピックゼミ」「初期体験実習」を通して、自分らしい看護師像や働き方について考えます。県内公的病院などへの就職もサポートします。

5.さらなるステップアップの道へ
 今後、看護学を研究するための「大学院」や、保健師・助産師を養成する「専攻科」を設置検討予定です。看護学部卒業後も継続して本学で学び続けられます。
 
【学科紹介】
医療の高度化・役割の多様化に対応
 近年、医療技術の高度化・複雑化により、医療現場からは質の高い看護師が求められています。また、医療の場は病院だけでなく多様化しており、地域で暮らす人々を支えるために広い視野を持つ看護師も求められています。

 本学ではそのニーズに応えるために、一般教養に加えて看護の知識や技術を統合し、科学的に問題を解決する能力や倫理を含めた総合的な判断力を培うためのカリキュラムや実習を充実させています。

カリキュラムを看護師育成に特化
 4年間で看護学をしっかり学ぶために、カリキュラムを看護師育成に特化しました。質の高い看護の提供はもちろん、一生の仕事として自信を持って働き続けるためには、専門知識、技術、人間性をより高めることが重要です。その第一歩が看護基礎教育です。

 本学ではこの看護基礎教育を重視し、専門的知識・技術の教育にとどまらず、課題対応能力や研究能力を十分に培い、高度化する医療や超高齢社会に伴う看護の役割拡大に対応できる教育を目指します。これは将来、保健師や助産師を目指す専門的な学びの礎にもなります。

【教育理念】
 幅広い教養と人々への共感的態度を備えた人間性豊かな人材、そして創造力、実践力及び探究心を兼ね備え、多職種と協働しながら地域や社会に貢献できる人材を育成します。

【地域に密着した実習】
 先端医療を提供する富山県立中央病院をはじめとする複数の県内公的病院など、県内全域の保健・医療・福祉の場で実習を行います。実習を通じてチーム医療や在宅医療、地域包括ケアについて学ぶ予定です。看護の知識と技術を統合し、ケアの対象となる人とのコミュニケーションを通じて信頼関係を築き、ニーズに合わせた看護ケアを発展させる実践能力を養います。
教養教育等、詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.pu-toyama.ac.jp/academics/nursing/introduction/ (外部サイトへ移動します)