本学学生のJリーグ加入内定について

 このたび、本学サッカー部所属の五十嵐理人さん(スポーツ総合課程4年)が、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の栃木SC(以下、栃木)へ2022シーズンより加入することが内定しました。また日本サッカー協会より「JFA・Jリーグ特別指定選手」として認定され、今シーズン、本学サッカー部に所属しながら栃木の公式戦にも出場可能となります。今後は大学で授業の履修やサッカー部での活動に加え、栃木の選手としての活動の2足の草鞋を履くことになります。

 栃木県宇都宮市出身の五十嵐さんは力強さとスピードを兼ね備えたフォワードで、群馬県の前橋育英高等学校から本学へ入学、本学サッカー部では1年時より公式戦に出場し、昨年度は天皇杯3回戦進出、冬の大学の全国大会出場にも大きく貢献しました。個人としてもU19大学選抜に選ばれるなど、大学サッカー界を代表するプレイヤーです。

 今回の加入について五十嵐さんは「この度、2022年シーズンから栃木SCに加入することになりました。幼い頃から夢見ていたプロサッカー選手のキャリアを、自分が生まれ育った町のクラブでスタート出来る事を大変うれしく光栄に思います。今まで支えて下さった全ての方々に感謝の気持ちを忘れず、栃木SCの勝利に貢献できるよう全力を尽くします」と抱負を述べました。また、「鹿屋体育大学サッカー部では、昨シーズン、いつもサポートや応援をして下さる皆様のおかげで天皇杯3回戦進出、九州大学サッカーリーグ3位、全国大会出場という結果を残すことが出来ました。本当にありがとうございます。しかし、私たちはこの結果に満足はしていません。今シーズンは”日本一”という目標を掲げ、昨シーズンの結果を大きく超えていけるようチーム一丸となって全力で頑張ります。引き続き鹿屋体育大学サッカー部の応援宜しくお願い致します」と大学最後のシーズンに向けての決意も語ってくれました。

 本学からのJリーガー輩出は五十嵐さんで43人目。また現在Jリーグでは五十嵐さんを含め16名の本学出身選手がプレーしています。

※プロフィール等詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.nifs-k.ac.jp/information/j-16.html