モバっちょ


卒業生の進路について
平成30年度(平成31年3月,平成30年9月卒)卒業修了生進路状況
(令和元年5月1日現在)

■教員養成課程 663名
県内公立学校教員:37.3%
県外公立学校教員:2.4%
私立学校教員:0.8%
臨時教員:21.2%
企業等:18.7%
官公庁:7.1%
進学:7.4%
その他:5.1%

■現代学芸課程 228名
教員:4.8%
臨時教員:6.6%
建設業:1.3%
製造業:15.3%
電気・ガス・熱供給:0.9%
卸売・小売:7.0%
保険・金融:3.9%
不動産業:1.3%
運輸・通信:17.1%
医療・福祉:2.6%
宿泊業・飲食サービス業:1.8%
教育・学習支援:5.3%
サービス業:5.3%
その他就職:2.2%
官公庁:10.5%
進学:8.8%
その他:5.3%
※注1 円グラフの構成比の合計が100にならない場合は,最大要素等で調整済みである。

※注2 本表は,平成30年9月卒業・修了者を含む。

※注3 保育士は,教員に含む。

※注4 その他欄は,企業等(臨時)・官公庁(臨時),大学学部・研究生・科目等履修・専修学校等の学校入学,海外留学,アルバイト・パート・未定等である。

※注5 教育実践研究科修了者のうち,13名は教育委員会派遣の現職教員である。修了後は公立学校教員として勤務するため,本表では教員に含む。