menu


リスボン条約
 リスボン条約とは、2009年12月1日に発効された、それまでのEUの基本条約を修正する条約です。改革条約と呼ばれることもあります。ポルトガルの首都であるリスボンで署名されたため、一般的にはリスボン条約と呼ばれています。

 この条約では欧州憲法条約に盛り込まれていた機構改革や、市民の欧州連合への関与を強化することなどが規定されています。

 また、この条約でEUの代表者を務める欧州理事会の常任議長の創設が定められたため、EU大統領が誕生しました。