モバっちょ


フィッシング・カレッジ2019 11月講座のお知らせ
フィッシング・カレッジ2019 11月講座のお知らせ 水産業のプロになるために

日時:
2019年11月11日(月)午後6時半より

場所:
東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館 1階講義室

参加費:
 無料。事前申込不要。筆記用具持参。(参加者には、アンケートカードのご記入にご協力願います。)
配布資料は十分用意しますが、参加者多数の場合は配布できない場合もありますので、あらかじめご了承願います。

講座概要:
水産業のプロになるために〜水産関係の仕事の魅力〜

講師:
中屋敷 勇治(水産庁 防災漁村課 漁村企画班 漁村再生係)

ご案内(奥山文弥・東京海洋大学 産学・地域連携推進機構客員教授):
 周囲を海に囲まれる島国である日本には、水産に関係するいろいろな仕事があります。

 日本のこれまでの歴史を振り返ると、水産業というと、魚などを食べるために行われるものという印象が強いかと思いますが、近年では、漁業者や漁協、加工・流通業者だけではなく、釣りやスキューバダイビングなどのマリンスポーツ案内業や、水産物直売所なども水産業の中で"海業(うみぎょう)"として位置づけられることがあります。また、それらを生業としている、いわゆるプロになることも注目を集めています。

 今回のフィッシングカレッジでは、水産業に関係する仕事や、その仕事内容などを中心に紹介し、水産業の広義にわたる魅力をお伝えします。現在の職種・年齢問わず、幅広いジャンルでご活躍の皆様のご参加をお待ちしております。

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.kaiyodai.ac.jp/events/general/201910251317.html (外部サイトへ移動します)