モバっちょ


世界最小の恐竜卵化石がギネス世界記録™に認定されました
筑波大学生命環境系の田中康平助教とカナダ・カルガリー大学、カナダ・王立ティレル古生物博物館、兵庫県立人と自然の博物館などの国際研究チームが兵庫県丹波市で発掘した獣脚類恐竜の卵化石が、世界最小の非鳥類型恐竜卵としてギネス世界記録に認定されました。
丹波市は前期白亜紀(約1億1000万年前)の地層(篠山層群大山下層)が露出し、丹波竜(タンバティタニス)や卵殻化石などを産する一大恐竜化石産地として知られています。卵化石の発掘は主に2019年1〜3月にかけて行われ、形状を留めた卵化石(4点)や卵殻片の化石(約1300点)が収集されました。これらの卵殻は4種類に分けられ、うち1種類は新卵属・新卵種(ヒメウーリサス・ムラカミイと命名)として、学術誌「Cretaceous Research」に掲載されました。世界最小の認定を受けたのはこの「ヒメウーリサス・ムラカミイ」で、大きさは45×20ミリ、推定重量は約10グラムとウズラの卵ほどの重さしかありません。
丹波市では今回を含む発掘で、合計6種類の恐竜卵殻化石が確認され、前期白亜紀の地層としては世界で最も卵殻化石の種類が豊富な地域となっています。

※詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.tsukuba.ac.jp/news/n202008051400.html

〇 問い合わせ先
筑波大学広報室
電話 029-853-2039
E-mail kohositu@un.tsukuba.ac.jp