モバっちょ


芸術専門学群


 芸術専門学群は,毎年2月に茨城県つくば美術館でその年度の卒業生全員による卒業制作展を開催します。広い視野と確かな基礎学力を持ち,柔軟な発想力と表現力を備えた美術・デザインに関する専門家の育成という本学群の教育目標は,それぞれの学生の4年間の学習成果となって卒業制作展に結実します。

 本学群では卒業研究として,美術史・芸術支援領域には論文を,その他の領域には作品と論文を課しており,その成果は更に14の領域に分けられるという多種多彩な様相を呈しています。優秀作品等は筑波大学芸術賞や茗渓会賞として顕彰され,一部が大学に収蔵されます。卒業生は,美術・デザイン界で活躍する多くの同窓と同様に世界に向けて飛躍することが期待されます。

【教育目標】
 芸術専門学群は,総合大学の中に位置づけられた芸術教育の場としての特色を活かし,学際的・国際的な視野と確かな学力を持ち,かつ柔軟な発想力と豊かな表現力を備え,創造的活力に満ちた美術及びデザインの専門家を養成することを目指す。

 芸術専門学群は,造形に関する理論と演習・実習を通して,幅広い造形の領域についての専門教育を行い,視野の広い活力ある芸術理論家,造形作家,デザイナー等の育成を教育目標としています。

【構成分野について】
 美術史,芸術支援,洋画,日本画,彫塑,書,版画,構成,総合造形,工芸,ビジュアルデザイン,情報・プロダクトデザイン,環境デザイン,建築デザインの合わせて14領域を置いています。このように多くの領域を包括しているメリットを生かし,各主専攻分野に特色をもたせながら,相互の関連をはかるよう考慮しています。