モバっちょ


総合科学研究支援センター公開講演会「島根の科学—おもしろい科学のはなし10-」開催について【11/11、11/18】
概要:
 松江キャンパス、出雲キャンパスで90分の公開講演会をそれぞれ開催します。興味深く、社会的に関心の高い活性酸素および医学の話題について科学的な見地からわかりやすい講演を実施します。活性酸素と植物の適応応答の話、膵がんの話、の講演を行います。

プログラム:
■第1回 11月11日(土)
「活性酸素の悪いところと良いところ-植物の環境適応における役割-」
生物資源科学部 准教授 丸田 隆典

■第2回 11月18日(土)
「膵がんって、聞いたことありますか?出雲高校生と一緒に進めている島根大学の膵がん撲滅プロジェクトと現状」
医学部、総合科学研究支援センター、戦略的研究推進センター 教授 浦野 健

主催:
島根大学総合科学研究支援センター

募集対象:
市民一般、小・中学生、高校生

募集人数:
100名

期日:
11月11日(土)、11月18日(土)

時間:
13:00〜14:30

会場:
11月11日 生物資源科学部1号館101教室(松江キャンパス)
11月18日 医学部実習棟3階P3講義室(出雲キャンパス)

参加料:
無料

問合せ先:
・第1回(11月11日):総合科学研究支援センター遺伝子機能解析部門
Tel:0852-32-6109
e-mail:idenshi*life.shimane-u.ac.jp
(*を半角@に変えて送信してください。)

・第2回(11月18日):総合科学研究支援センター生体情報・RI実験部門
Tel:0853-20-2369
e-mail:seitairi*med.shimane-u.ac.jp
(*を半角@に変えて送信してください。)

備考:
・事前申し込みは不要です。当日直接ご参加ください。

チラシ等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.shimane-u.ac.jp/docs/2017102700040/ (外部サイトへ移動します)