モバっちょ


法文学部人文社会学科3年生が、「公共政策フォーラム 2019 in いわぬま」において、岩沼市議会議長賞(3位相当)を受賞しました【11月23日(土)〜24日(日)】
 法文学部人文社会学科3年生の秋月碧さん、大内麻衣さん、坂本紗弥さん、重松誠也さん、舘野七海さん(法文学部福井ゼミ)が、令和元年11月23日(土)から24日(日)にかけて岩沼市民会館で開催された「公共政策フォーラム 2019 in いわぬま」(日本公共政策学会と宮城県岩沼市との共催)において、岩沼市議会議長賞(3位相当)を受賞しました。

 今年で21回目となるこのフォーラムでは、開催自治体が提示する政策テーマに対して、全国の大学生がゼミ単位で政策提案を行い、その独創性や有効性を競い合います。今年のフォーラムは、宮城県岩沼市にて、「地域資源を活用した観光と交流人口拡大による震災復興」をテーマとして開催され、全国13大学・15ゼミの学生が参加しました。23日の予選を突破した6チームが、24日の決勝戦に臨みました。

 福井ゼミのメンバーは、「地域の味がまちをつくる〜対面販売が生み出すローカルコミュニケーション〜」というタイトルの政策提案を行いました。東日本大震災被災者の心の復興のためには、継続的に新たなコミュニケーションと人間関係の創出を図っていくことが必要と考えた福井ゼミのメンバーは、対面販売方式のファーマーズマーケットが交流人口の拡大とともに岩沼市民のコミュニケーションの場の形成を促す力を持っていると論じました。JAえひめ中央および農家の協力を得てメンバー自身が運営に携わっている愛太陽ファーマーズマーケット(故 佐藤亮子准教授が創設)での経験を活かした福井ゼミの政策提案は、そのフレッシュな発想と技術的・経済的な実行可能性を高く評価され、頭書の成績を収めました。

詳細は下記URLをご覧ください。
日本公共政策学会
宮城県岩沼市
愛太陽ファーマーズマーケット
https://www.ehime-u.ac.jp/post-108244/ (外部サイトへ移動します)