モバっちょ


【10月26日-27日】公開セミナー「都市の木造建築化を考える」シンポジウム「人工林の大径木をどう使うか?」開催します
 愛媛大学農学部森林環境管理学リカレントプログラムが主催する公開セミナー「都市の木造建築化を考える」及びシンポジウム「人工林の大径木をどう使うか?」を下記のとおり開催します。

 公開セミナーでは、人間の健康ならびに精神安定効果が期待される木造建築の基本と防火対策について、CLTなどを使った新たな木造建築を推奨される腰原幹雄 教授(東京大学)、木造建築の防火を専門とされる安井昇 所長(桜設計集団一級建築士事務所)、木の循環がもたらす地域の持続可能性を提案される網野禎昭 教授(法政大学)を講師にお迎えし、それぞれ第一人者である講師陣と木造建築の将来と可能性について考えて行きます。

 また、シンポジウムでは、森林所有者として井部健太郎氏(久万造林)、林業事業体として大鍋直幸氏(内子町森林組合)、製材関係者として砂田雄太郎氏(サイプレス・スナダヤ)、建築家として腰原・安井両先生をパネリストにお迎えし、楢崎達也氏(フォレストメディアワークス)をコーディネーターに、これから増える人工林の大径木の利用についてパネルディスカッションを行います。

日時:
令和元年10月26日(土)、27日(日)
9:00〜16:00
公開セミナーは、26日(土)9:00〜16:00、および27日(日)8:30〜11:30
シンポジウムは、27日(日)13:00〜16:00

場所:
愛媛大学城北キャンパス
総合情報メディアセンターメディアホール

対象:
一般(高校生以上)

定員:
100名

参加費:
2,000円
リカレント総合プログラム並び社会共創クリエイター養成プログラム受講者は無料

参加申込方法:
 10月24日(木)までに、メールかFAXにてお申し込みください。
【メールアドレス】yamada.yozo.fi@ehime-u.ac.jp
【FAX】089-946-9665

駐車場:
 駐車場はありませんので、公共の駐車場または公共交通機関をご利用ください。
伊予鉄道市内電車環状線「赤十字病院前」下車、北へ徒歩3分
報道機関の方で、車で取材にお越しの場合は、城北キャンパス正門守衛室で手続きを行い、来客用駐車場を利用してください。

 このページに関するお問い合わせ等は、お気軽に下記までお寄せください。
大学院農学研究科森林環境管理学サブコース 山田容三
Tel 089-946-9665
Mail yamada.yozo.fi@ehime-u.ac.jp

詳細は下記URLをご覧ください。
プレスリリース資料
チラシ
https://www.ehime-u.ac.jp/data_relese/data_relese-104750/ (外部サイトへ移動します)