学部、学科情報

グローバルな実践知を身につける
 法文学部では、グローカル・マインドで新たな文化や社会のあり方を構想し、生涯学び続け、学びの成果を行動に移せる幅広い教養と実践的能力を有するグローバル人材を育成します。そのために基礎的な学びや実践的な学びに加えて、人文社会諸科学を幅広く、また各専門分野を深く学べるカリキュラムを提供します。

●人文社会学科
・法学・政策学履修コース
・グローバル・スタディーズ履修コース
・人文学履修コース

<身につく力>
■人文社会諸科学の広い知識
 人文科学と社会科学の領域を横断して学べる人文社会学科の特徴を活かし、自分が専門とする分野の深い知識だけではなく、幅広い教養と人文社会諸科学の基本的・全般的知識を身につけることができます。

■論理的・客観的思考力
 人文社会学科が取り扱う、「人間」・「文化」・「社会」のあり方について、グローカル・マインドに立脚した多角的な視点から、論理的にかつ客観的に分析し考察する力を身につけることができます。

■コミュニケーション能力+外国語運用能力
 グローバル化した現代社会において、地域を世界に発信し、地域を世界と結びつける役割を担うことで地域に貢献できる、的確なコミュニケーション能力と高い外国語運用能力を身につけることができます。
愛媛の未来、日本の将来を担う子どもたちを育てる。
 教育学部は、学校教育教員養成課程の初等教育コース(幼年教育サブコース・小学校サブコース)、中等教育コースおよび特別支援教育コースの3つのコースから成り立っています。附属学校園や地域の学校における多様な実習と理論を結びつけた充実したカリキュラムにより、豊かな人間性とすぐれた実践的指導力を兼ね備えた学校教員を養成します。

●学校教育教員養成課程
・初等教育コース(幼年教育サブコース・小学校サブコース)
・中等教育コース(国語教育専攻・社会科教育専攻・英語教育専攻・数学教育専攻・理科教育専攻・技術教育専攻・音楽教育専攻・美術教育専攻・保健体育専攻・家政教育専攻)
・特別支援教育コース

<身につく力>
■教育現場で活きる力
 生きた現場での「実践力」を身につける実習カリキュラムを充実させています。講義と実習を往還するカリキュラムが1年次よりスタートします。

■グローカルに捉える力
 多様な地域連携実習や海外教育体験・海外研修に参加することで、高い専門性と国際的視野をもちつつ、地域に密着できる力を身に付けます。

■地域のニーズに応える力
 複数学校種・複数教科の免許取得を通して、小規模校や一貫校の増加、幼少連携、インクルーシブ教育・特別支援教育の推進などの現代的課題に対応する力を養います。

■自ら学び続ける力
 子どもの成長を見守る先生にとって、自らも成長し続けることは何より大切。「もっと学びたい」という気持ちに応えるシステムや環境が充実しています。
地域とともに学び、地域とともに未来へ。
 地域社会の未来に、あなたはどんな夢をいだきますか?また、その夢を実現するために必要なことは何だと思いますか?それは、友人や教員、そして地域の人達と対話し、考え、地域社会を導く知識と行動力を身に付けること。君を創るここでの学びは、社会とつながり、仲間とつながり、輝く未来となることでしょう。社会共創学部は、そんな学びができる場所です。

●産業マネジメント学科
・産業マネジメントコース
・事業創造コース

●産業イノベーション学科
・海洋生産科学コース
・紙産業コース
・ものづくりコース

●環境デザイン学科
・環境サステナビリティコース
・地域デザイン・防災コース

●地域資源マネジメント学科
・農山漁村マネジメントコース
・文化資源マネジメントコース
・スポーツ健康マネジメントコース

<身につく力>
■課題解決思考力
 ステークホルダーと共に諸課題を発見・解決するため、文系や理系の幅広い教養や専門知識を修得し活用する力及び物事の本質を多面的に捉える力を身に付けます。加えて、的確な学際的考察力及び総合的判断力を養い、課題の原因そのものを見出すことでより深い視点から解決方法を探る力、すなわち「課題解決思考力」を身に付けることができます。

■サーバントリーダーシップ
 地域課題は複雑に絡み合っていて、解決するためには、地域社会の様々な課題や要素を捉え、様々なステークホルダーが一体となって協働していくことが重要です。そのために必要とされる、ステークホルダーや仲間を自ら支えることで双方の信頼関係を強固にして協働する力、すなわち「サーバントリーダーシップ」を身に付けることができます。
科学で未来を拓く
 理学部は、理科4分野に数学・数理情報分野を加えた5つの専門分野からなる教育コースと、自身の興味と将来像に沿って選択する3つの履修プログラムからなる教育を実施します。高校の理数分野からの接続を第一に考えられた洗練されたカリキュラム体系によって、皆さんを理学分野の最先端研究まで導きます。

●理学科
・数学・数理情報コース
・物理学コース
・化学コース
・生物学コース
・地学コース

<身につく力>
■科学的思考力
 理科や数学の専門的な知識や技術を身につけた後、それらを活用して、調査・研究を通じた課題の発見・提示や解決を経験します。このような過程を経て、科学的思考ができる人物へと成長することができます。

■協働する姿勢
 学部での学びについて、一人でコツコツ頑張るというイメージを持っている人が多いかもしれません。実際には、少人数セミナー、実験、実習を通じて、他者と協力しながら学習・研究を進めていきます。これらの経験を通じて協働する姿勢が身につきます。

■汎用的能力
 理科や数学の学修を進めていく中で他の能力・技術を求められることも多くあります。例えば、英語・日本語の文献を読むこと、他者に説明すること、資料作成、情報機器を使うこと・・・このような多くのことを踏まえて、汎用的理系人材となることができます。
患者から学び、患者に還元する教育・研究・医療

●医学科
 医学科では、基礎医学と臨床医学の分野で独自の教育・研究体制を保持しつつ、両者の枠を超えた緊密な協力体制で教育に取り組んでいます。また、最先端医療の開拓とともに医学・医療の倫理についても教育活動を行っています。

<身につく力>
■自ら学び、考え、実践する力
 医学部では、「患者から学び、患者に還元する教育・研究・医療」を基本理念としており、学生の多様な志向性を尊重した教育を提供し、医師になってからも、生涯にわたって学び続ける姿勢を身につけます。

■豊かな人間性・幅広い教養・高い倫理観
 病める人の身になり、患者のために、全人的視点から最善を尽くす医師・医学研究者の要請を積極的に推進します。

■グローカル力
 基礎医学研究、臨床教育を両輪とした医学教育と、地域医療実習、海外臨床実習の機会を通じて、地域に根差し、世界にも発信できる研究マインドをもった医師を養成します。


●看護学科
 看護学科は、医学・医療の高度化、急速な技術革新、疾病構造の多様化および人口の高齢化に対応しながら、健康の管理と増進に寄与できる看護・保健の専門職の育成を目的に設置されました。豊かな素養と人を思いやる情操、生命科学の基礎的知識と健康科学の総合的知識、科学的方法論による看護実践力と研究能力、人々の健康な生活の維持と質的向上を助け、病める人々の生への努力を全人的に支援できる人材の育成を目指しています。

<身につく力>
■地域で暮らす人々の生活や健康について学び人間を理解する力
 生活支援に重点を置き、「人とかかわる体験から学ぶ学習」を強化しています。1年次から、高齢者や子どもにかかわるフィールドワークや在宅生活支援実習を行うことで、病気の理解だけでなく、地域で暮らす人々の健康や生活を人々の視点で学んでいきます。

■自らの成長と看護職としての専門性を探究していく力
 グループワークやアクティブラーニングを活用することで、単に知識を詰め込むのではなく、学生自らが主体となって考え、討論し、お互いに学びあいながら看護者に必要なコミュニケーション能力を養います。

■科学的根拠を踏まえた看護実践能力と研究的視点の探求
 臨地実習では科学的根拠を踏まえて健康状態をアセスメントし、あらゆる健康状態に必要な支援方法を判断し、行動できる力を育んでいます。また、地域住民を対象とした健康フェアを企画・運営したり、看護研究に取り組んでいく中で、論理的思考や科学的な問題解決能力の育成を目指します。
未来で想像。工学で創造。
 工学部は、変革を続ける現代社会で活躍できる、分野を横断した柔軟な知識・技術など、新しい課題解決の力を持った人材の育成を目指し、1学科9コースへ改組しました。1年次には分野を超えて広く学び、2年次に多様な9コースに分かれて、専門分野について学ぶことで、豊かな想像力と幅広い応用力を身につけていきます。

●工学科
・機械工学コース
・知能システム学コース
・電気電子工学コース
・コンピュータ科学コース
・応用情報工学コース
・材料デザイン工学コース
・化学・生命科学コース
・社会基盤工学コース
・社会デザインコース

<身につく力>
■分野を横断した柔軟性
 「工学共通基礎科目」「専門入門科目」を通して、様々な工学分野の入門科目を学ぶことで、ひとつの専門分野に縛られない、広く柔軟な知識と視野を身につけることができます。

■グローバルな実践力
 チームティーチングや留学生・海外協定校の学生との意見交換セミナーなどを通して、専門的な内容を正確に伝えるための英語力やコミュニケーション力、さらには立場の異なる相手と議論できる力など、グローバルな実践力を身につけることができます。

■地域に革新をもたらす創造性
 専門的に学んだ工学の知識・技術を課題解決型実習で課題解決能力に結びつけることで、地域の工業を新たに創造していく力を身につけることができます。
自然と人間が調和する新しい循環型社会をつくる
 「農学」という幅広い教育・研究分野を持つ農学部は、「食料・生命・環境」に関するより専門的な教育を行うために、3学科3特別コースの体制を整備しています。基礎知識から専門知識まで身につけ、研究および現場での実践を行える技術を習得するための独自のカリキュラムを提供しており、将来、地域社会および国内外で、分野の専門家、研究者として活躍できる人材を育成することを目指しています。

●食料生産学科
・農業生産学コース
・植物工場システム学コース
・食料生産経営学コース
・知能的食料生産科学特別コース

●生命機能学科
・応用生命化学コース
・健康機能栄養科学特別コース

●生物環境学科
・森林資源学コース
・地域環境工学コース
・環境保全学コース
・水環境再生科学特別コース

<身につく力>
■基礎的な知識と技術
 生物生産技術の開発と安全・安心な食料の安定供給、生命機能の解明と生物資源の利用、生物環境の創造・修復・保全・管理・利用に関する専門知識・技術が習得できます。

■課題発見力と解決力
 地域的な視点と国際的な視点から食料、生命、環境に関する様々な問題を解決し、自然と共生する持続可能な社会の構築に貢献できる力が身につきます。

■主体性と協働性
 フィールドワークや実験・実習といったアクティブラーニング科目を多数開講しており、課題解決のために「積極的に自分の意思で、様々な人と協力しあって学び、活動していく」力を身につけることができます。