モバっちょ


本学学生参加チームが第35回全日本ゲートボール選手権大会において優勝し、2連覇を達成しました
 大学院 地域創生科学研究科1年生の片柳尚記さん、工学部4年生の氏家隆詞さんが、9月28日、29日に滋賀県長浜市で開催された文部科学大臣杯第35回全日本ゲートボール選手権大会において、二人の母校である作新学院高校の在校生と卒業生で編成したチームで出場し、見事優勝を飾り、2連覇を達成しました。昨年度は栃木県勢初めての優勝を果たし、2連覇は過去35回大会開催中5チーム目の快挙です。

 片柳さん、氏家さんは、「昨年度優勝校としてプレッシャーを感じながら厳しい試合が予選から続きましたが、2連覇が達成できて嬉しいです。来年も優勝を狙い、3連覇を目指したい。」と語りました。

 大会の詳細は「(公財)日本ゲートボール連合HP」をご覧ください。
http://gateball.or.jp/game/monbukagaku/ (外部サイトへ移動します)