モバっちょ


理念と方針、教育目標
《宇都宮大学の理念と方針》
 宇都宮大学は、人類の福祉の向上と世界の平和に貢献することを理念とし、広く社会に開かれた大学として、質の高い特色ある教育と研究を実践するため、次の基本的な方針を定めています。

1.幅広く深い教養と実践的な専門性を身につけ、未来を切り開く人材を育成します。
2.持続可能な社会の形成を促す研究を中心に、高水準で特色のある研究を推進します。
3.地域社会のみならず広く国際社会に学び貢献する活動を積極的に展開します。

 この理念と方針を基に、つぎの「教育目標」を掲げています。

《宇都宮大学の教育目標》
 専門に関する基礎を身につけ、広い視野とバランスのとれた判断を可能にする豊かな人間性を持った人材の育成をめざします。具体的には

1.現代社会に必要なリテラシー、幅広く深い教養と豊かな人間性、そして、知と行動力を統合した行動的知性を育成するための基盤教育を行います。
2.実践的で専門的な知識を修得するための専門教育を行います。
3.それらのふたつを有機的に結びつけた4年一貫教育により、問題解決能力を身につけ、“あらたな社会”を拓き支える人材を育成します。