モバっちょ


日本デザイン学会第66回春季研究発表大会にてグッドプレゼンテーション賞を受賞!
 6月28日(金)〜30日(日)に開催された日本デザイン学会第66回春季研究発表大会のポスターセッションにおいて、本学学生が「デザイン活動における「自分視点」の重要性に関する考察」で発表を行い、100を超える発表の中からグッドプレゼンテーション賞を受賞しました!

 この研究は、デザインにおいてデザイナーがユーザー視点を求められる中で、デザイナー自身の「自分視点」が欠けているのでは?と問いかけつつ、本当に求められているユーザー視点について研究・提案したものです。

参加学生:
佐藤 祐衣さん、佐野 萌夏さん、本間 しおりさん(デザイン学部3年)

指導教員:
デザイン学部講師 福田 大年

日本デザイン学会第66回春季研究発表大会 サイト
http://www.kunimoto-design.jp/jssd2019/ (外部サイトへ移動します)