モバっちょ


総合教育院
■総合教育院紹介
 科学技術は、人間の生活をより豊かで快適なものにしてくれる、文化の極めて重要な要素であり、近代社会の形成と発展に重要な役割を果たしてきました。その一方、ますます複雑化する社会と世界は、環境問題を初め、さらに多くの課題を私たちに突きつけています。それらを解決し、人間社会の持続的繁栄を確かなものにするために、科学技術にもさらなる発展が求められています。

 こうした状況の中で「指導的技術者」は、自然、社会、人間に関する深い知識と理解を持ち、科学技術を人間の営み総体の中に位置づけて考えられる、自立した世界観を持つことが必要であると私たちは考えます。

 総合教育院は、この要請に応えることを目的とし、学部課程の一般基礎科目として、自然・人文・社会の諸分野、保健体育、外国語を担当し、学術の基礎的な資質や幅広い知識と豊かな国際性の涵養を目ざしています。博士前期課程では、共通科目として社会文化学と計画・経営科学の分野を担当し、狭い専門にとらわれない視野を培います。また、個々の教員は、博士後期課程の指導にも関わっています。

 なお、国際交流センターと連携して担当する留学生に対する日本語・日本文化の教育は、本教育院の大きな特色です。
 教育研究分野と概要