モバっちょ


教育の理念、目標、特色
【教育の理念】
 豊かな人間性と幅広い学問的視野を有し、生命の尊厳と高い倫理観を持ち、高度な知識・技術を身につけた医療人及び研究者を育成する。

 また、地域医療に根ざした医療・福祉の向上に貢献する医療者を育てる。

 さらに、教育、研究、医療活動を通じて国際社会の発展に寄与する医師及び看護職者の養成に努める。

【教育の目標】
 旭川医科大学は上記の理念の下にこれらを達成するため、次のような目標を掲げる。
@幅広い教養とモラルを養うことにより、豊かな人間性を形成する。
A生命の尊厳と医の倫理をわきまえる能力を養い、病める人を思い遣る心を育てる。
B全人的な医療人能力や高度な専門知識を得るとともに、生涯に亘る学習・研究能力を身につける。
C幅広いコミュニケーション能力を持ち、安全管理・チーム医療を実践する資質を身につける。
D地域・僻地住民の医療や福祉を理解し、それらに十分貢献しうる意欲と能力を獲得する。
E積極的な国際交流や国際貢献のための幅広い視野と能力を習得する。

【教育の特色】
 医学科・看護学科の相互理解を図り、協調性を養うために、入学後早期の教養教育を両学科合同で講義等を行うカリキュラムを導入しています。「ICM科目(Introduction to Clinical Medicine)」「早期体験実習」等を実施することにより、地域医療に貢献できる暖かな心を持ち自立できる人間性を育成するシステムをとっています。

[医学科]
 医学科では知識技術の自立のために、基礎教育、基礎医学及び臨床医学を有機的に結ぶ統合カリキュラムが展開されています。さらに、医師のプロフェッショナリズム涵養に結びつく横断的な内容を身につけるための「ICM科目」が学年縦断的に展開されています。ICM科目の中では、生涯を通した自学自習態度を養うチュートリアル教育が導入されています。医療者としての自立のために、臨床実習では地域医療機関と連携して診療参加型臨床実習を実施し、そのために必要な技能はOSCE(客観的臨床能力試験)で、知識はCBT(Computer Based Testing)で評価しています。

[看護学科]
 看護学科のカリキュラムは1学年から専門領域の体験・学習を導入し、学習への動機付けを意図した漸進型デザインです。学年の進行に合わせて、各学年における到達すべきレベル目標を明示しています。また、本学の卒業生としての到達目標も明示し、学生自ら主体的に学べるように意図しています。