経済学部 経営学科

 経済のグローバリゼーションが進む中、企業を取り巻く環境は大きく変化しています。
 主に企業という組織に焦点をあて、その意思決定のメカニズムについて具体的・多面的に学び、ヒト・モノ・カネ・情報の有効な活用法を知り、論理的思考能力と実践的応用力を身につけます。
経営学科のカリキュラムの特色は、専門科目群の編成に現れています。経営学科では、入学した1年生に対して「マネジメント入門」「企業システム入門」「アカウンティング入門」の3科目を専門基礎科目として設置し、必修としています。これら必修科目には、2つの狙いがあります。第1の狙いは、経営学を学ぶ者として最低限知っておかなければならない基本的知識を身につけることです。そして第2の狙いは、基礎となるこれらの科目での学びの中から自分の興味関心を形成し、より深い知識を求めて専門応用科目の履修を主体的に進めていく事ができるようになることです。
経営学科の専門応用科目は入門科目に対応した形の、「マネジメント」「企業システム」「アカウンティング」の3群からなります。学生は自分の関心に応じてこれら3群の中から自由に科目選択を行い、自分がエキスパートになりたいと考える分野に関する知識の専門性を戦略的に高めていく事ができます。
さらに、組織を取り巻く経済環境や法律・政治についての知識や、研究を進めていく上で必要となる統計をはじめとする方法論についても専門関連科目群の中から履修を行い、理解を深めていくことができます。