看護学部

教育理念・目標
人間や社会を看護学的に探究する能力と、看護の対象への「科学的知」と 「哲学・倫理的知」とをもって看護実践に貢献できる能力を啓発します。さらに、専門的職業人としての豊かな人間性を育成します。

1.学問的探求心を持ち、看護学の発展に貢献できる看護実践者を育成します。
2.倫理的視点と科学的思考により、自己の考えや行動を決定し発展させることができる高い資質を持った看護実践者を育成します。
3.保健・医療・福祉のチームの一員として協働し、指導者となる看護実践者を育成します。
4.社会の動向や人々の関心を察知し、医療・看護をとりまく状況を変革できる基礎的能力を養います。
5.看護の対象となる、個人や家族、集団、地域社会について、多角的にとらえ実践できる能力を育てます。