国際政策学部

教育目標
1.グローバルな視点に立って地域社会の問題を考えるために必要な広い知識(国際政策教養力)を身につけることができる。
2.地域マネジメントコース、国際関係・観光メディアコース、国際コミュニケーションコースの各視点に立って、専門的な知識(基礎力・専門力)を身につけることができる。
3.グローバルに活躍できるコミュニケーション能力(外国語活用能力)を身につけることができる。
4.多様な社会に対応できる協調性と学修した内容を実社会の中で活用する技術と態度(能動的実践力)を身につけることができる。
5.グローバルな視点に立って地域社会の抱える諸問題を発見するとともに、その解決方法を提案できる力(専門的問題解決能力)を身につけることができる。

【総合政策学科】
●国際的視点で現代的課題にアプローチできる人材の育成
●社会について広い視野を持つ人材の育成
●問題解決の実践力を持つ人材の育成

【国際コミュニケーション学科】
●国際社会・世界の諸地域・日本についての深い理解をもって、企業をはじめ様々な場で国際的に活躍できる人材の育成
●世界の人々とコミュニケーションできる人材の育成
●日本語教育を担う人材の育成