モバっちょ


畜産学部の教育ポリシー
 知の創造と実践によって実学の学風を発展させ,「食を支え,くらしを守る」人材の育成を通じて地域及び国際社会へ貢献します。

【めざすべき人材像】
食と農の大切さ,動植物の命の尊さを心得た素養を基礎として,「農場から食卓まで」の幅広い視点で現場に適応できる知識と実践力を有するとともに,地球規模課題解決等の国際的視野を備えたグローバル人材

【アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)】
 帯広畜産大学は,獣医・農畜産融合の視点から,農場から食卓まで生命・食料・環境を科学し,農畜産の幅広い分野で活躍する実践的な専門職業人を育成するため,以下のような人を学生として求めています。

1.「農場から食卓まで」の幅広い考え方で現場に適応できる知識と能力を身につけたい人

2.北海道十勝地域の豊かな自然と風土のもとで,食と農の大切さ,動植物の命の尊さを学びたい人

3.食や環境等に関する地球規模の社会問題を解決する能力を身につけたい人

4.農畜産学及び獣医学とそれらを支える様々な関連学術領域について学ぶために必要な基礎学力を身につけている人

5.自分の意見を持ちつつも,他の多様な意見や価値観を尊重して協力することができる人
詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.obihiro.ac.jp/navi-educational-policy (外部サイトに移動します)