モバっちょ


物理情報工学科
スマホから環境・エネルギー問題まで-自然から学び、新技術を創出する-

 物理情報工学科では、自然界の普遍的な法則を探求する物理学と、生命の普遍的な法則を探求する生物学、そこに情報・システム技術としての情報工学を融合した教育と研究を通して、さまざまな分野での技術革新(イノベーション)につなげる融合領域研究を切り拓くことができる技術者の育成に力を入れています。

 そのために物理情報工学科では、物理学、エレクトロニクス、情報工学を駆使し、電子材料、光工学、流体工学を中心とした情報化社会で必要とされる新たな技術を生み出す「電子物理工学」と、物理学、生物学、情報工学を駆使し、新素材・材料、計測システム、生命科学を中心とした学際領域の新たな技術を生み出す「生物物理工学」の2コースを設けています。

 卒業生は、大学院に進学するほか、情報産業をはじめ、総合電機、エネルギー・環境、自動車、精密機器、ナノテクノロジー、材料・素材、音響、医歯薬、食品、化粧品などの幅広い分野のメーカーで活躍する技術者として期待されています。

【コース紹介】
●電子物理工学コース
 超伝導や半導体などのエレクトロニクス材料、光・レーザーシステム、電磁流体力学などの研究分野を中心に、物理・電子物理工学と情報工学を利活用して、新技術を生みだす技術者を養成するための教育と研究を行います。そのために、物理学、電子物理工学、ナノテクノロジー、計測技術および情報工学分野の知識と技術を多岐にわたって学びます。将来、主にエレクトロニクス、エネルギー・環境、光、電機、鉄鋼、電子・情報システムなどの多種多様な分野で物理・電子物理工学を情報工学分野に応用して、革新的な研究や開発を行える技術者を育成します。

●生物物理工学コース
 金属などの硬い物質(ハードマター)とは対照的に、生体分子(タンパク質、DNA)・高分子・液晶・生体膜などの柔らかい物質(ソフトマター)や、それらで構成される生物・生命現象について、物理学と情報工学の観点から教育と研究を行います。そのために、生物学、物理学、計測・可視化技術、数理モデルを基にしたシステムデザインにつながる知識と技術を学びます。将来、新素材・材料、医歯薬、化粧品、食品、環境、計測技術、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、生命科学などの多種多様な分野で、生物・物理・情報工学を融合した学際領域の研究や開発を行える技術者を育成します。
九州工業大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る