モバっちょ


宇宙システム工学科(男性)
自分たちの力で、本物のロケットの設計から製作までチャレンジ
 小さい頃の夢は、宇宙飛行士でした。実家にあった図鑑を何回も読んで、いつか行ってみたいと憧れていました。全国でも数少ない宇宙の研究ができることを知って「ここしかない」とこの学科を志望しました。1年次、2年次は、設計図の書き方や工作機械の名称など、機械工学の基礎から学びました。3年次には「宇宙工学PBL」の授業で、本物のロケット作りにチャレンジ。設計から製作まで、すべて自分たちの力で行うので大変でしたが、ロケットが実際に飛んだときはとても感動しました。将来は、H-2Aやイプシロンなどのロケットを設計・開発できるような仕事を目指しています。
九州工業大学メールマガジン
メールマガジン登録
メールマガジン解除
バックナンバーを見る