モバっちょ


本学学生チームが国際生体分子デザインコンペティションBIOMOD2018世界大会で銅賞を受賞しました
 平成30年10月27日(土)〜28日(日)、カリフォルニア大学サンフランシスコ校で開催された、国際生体分子デザインコンペティションBIOMOD2018世界大会に、本学情報工学部の学生9名と大学院情報工学府の学生1名からなる学生チームが参加しました。

 BIOMODは、DNAなどの生体分子、材料を使って自由な発想で作品を作り、その機能やデザインを競うという大会です。第8回となる今年は世界中から21チームが参加しました。審査は、作品のコンセプト、仕様、有用性・実用性、エビデンス(実験データ)などに関するWiki(50点)、YouTube(25点)、Presentation(25点)に対して行われ、その合計点(100点)が競われます。

 九工大チームは細胞内シグナル伝達系をDNAコンピュータで制御するための手法を考案し、「DP Gate Bridge」と名付けた作品を発表しました。審査の結果、Project Awards:Bronze(銅賞)を受賞しました。

指導教員:
中茎 隆准教授(大学院情報工学研究院 システム創成情報工学研究系)
平 順一助教(大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系)

 海外派遣プログラムへ参加した学生の感想等詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.kyutech.ac.jp/whats-new/topics/entry-6019.html (外部サイトへ移動します)