モバっちょ


The International Association for Vegetation Science Editors Award 受賞
 琉球大学理学部の久保田康裕教授の研究グループの論文が、国際植生学会 The International Association for Vegetation Science(IAVS) Editors Awardを受賞しました。IAVS Editors Award は、各年の Journal of Vegetation Science誌掲載論文の中の、最も優れた論文に贈られる賞です。なお、IAVS Editors Awardはアジアの研究者としては、今回が初の受賞です。

 久保田教授がこのたび受賞した論文では、様々な種類の木本植物で構成される世界各地の森林が、地球の歴史上どのように多種多様なタイプの森林へと多様化してきたのかについて、地球全体の森林観測データと木本植物の巨大系統樹を統合的に分析することによって解明しました。具体的には、現在の熱帯林は今から約2億年以上前のゴンドワナ大陸(現在の南アメリカに相当する地域)で起源した後、大陸の分裂や気候変動に対応して、南アメリカやアフリカ、東南アジアにそれぞれ特徴の異なる熱帯林を多様化させてきたことが明らかになりました。さらに、東アジアや北アメリカ、ヨーロッパの温帯林を構成する木本植物の種類が類似していること、東アジアの温帯林は多様性が高く熱帯林と種類が近縁であることなどから、温帯林はアジアを起源として地球上の各地域に広まったことが明らかになりました。

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/announcement/press2019012301/press2019012301.pdf (外部サイトへ移動します)