モバっちょ


株式会社秋田ケーブルテレビ(CNA)と連携協力協定を締結しました
 令和2年5月1日、株式会社秋田ケーブルテレビ(本社、秋田市)と本学は、地域の発展と産業の振興および相互の発展に資するため、連携協力協定を締結しました。

 本学大潟キャンパスにある生物資源科学部附置フィールド教育研究センターに「ローカル5G無線基地局」を設置し、農業分野における次世代高速通信技術を活用した農工連携研究の推進、スマート農業に係る新技術の開発およびその普及促進に向けた活動を行っていく予定です。

★ローカル5G★
 携帯電話事業者が全国で提供する第5世代移動通信システム(5G)とは別に、地域社会を支える自治体、企業等の様々なニーズに活用され、地域の活性化につながることが期待されています。

★フィールド教育研究センター(秋田県南秋田郡大潟村)
 フィールド教育研究センター総面積190ha、東京ドームの建築面積の約40個分。そのうち耕地(水田)面積が164haあり、大学附属農場の中で全国一の広さ。水稲に加え、大豆や小麦などの畑作物、果樹や野菜、花きなどの園芸作物、牧草やトウモロコシなどの飼料作物が栽培されるとともに、約42頭の肉用牛も飼養されています。





フィールド教育研究センターにおける学生の実習風景です。