モバっちょ


【陸上サークル】「第8回与次郎駅伝」で優勝、「秋田リレーマラソン」で準優勝しました!
 「第8回与次郎駅伝」が7月14日(日)、秋田市の千秋公園周辺で行われ、本学の陸上サークルが出場し、昨年、準優勝だった雪辱を果たし、見事、一般の部で優勝を果たしました。

 この与次郎駅伝は、エリアなかいち前の広小路を発着点に千秋公園内などを巡る1〜4キロのコースで実施し、小学生・一般男女・職場対抗など計10部門で、それぞれ4人一組のチームがたすきをつなぐ駅伝で、当日は、県内外から参加した364チーム約1400人のランナーが炎天下の中、中心市街地を駆け抜けました。

 陸上サークルは、一人ひとりが集中力をもって日々の練習に取り組み、自己を高めながら駅伝優勝を目指し、与次郎駅伝では最高のチームワークとパフォーマンスを発揮して、念願の優勝を果たしました。

 また、6月に開催された「秋田リレーマラソン」大学生の部でも準優勝するなど、総合力が向上し、好成績が続いています。

 陸上サークルは、9月26日(木)、「秩父宮賜杯 第51回全日本大学駅伝対校選手権大会東北地区大会(10km4名、16km4名の合計タイムで上位1校が本戦に出場)」に初参戦します。今後も、陸上サークルの活躍に是非ご注目ください。

★宮 智朗キャプテン(生物資源科学部 生物環境科学科3年)★
 与次郎駅伝では、昨年、準優勝だった雪辱を果たし、一般の部で念願の優勝を果たすことができました。また、6月の秋田リレーマラソンでも準優勝と総合4位という好成績を収めることができました。私たちの練習は、チーム全体の練習時間は短いものの、個々の自主性を重んじ、個人練習を大事にしております。今回の結果は、一人一人が走ることを楽しめたこと、更に秋田キャンパス・本荘キャンパスとの合同チームを編成し、学部・キャンパスの垣根を超えて抜群のチームワークがあったからこそ、今回の結果に繋がったと考えています。

 最後に、陸上サークルでは、個人で多くの大会に出場する選手から軽い運動程度に参加しているメンバーまでおります。私自身も大学に入ってから陸上を始めた一人です。陸上は気軽にできる一番身近なスポーツだと思っているので、皆さんも散歩やジョギングから始めてみて、是非、陸上に興味を持っていただけたら幸いです。










与次郎駅伝 優勝!


秋田リレーマラソン 準優勝!