モバっちょ


アンサンブルサークルが小規模介護施設で訪問演奏を行いました
 6月22日(土)、秋田キャンパスのアンサンブルサークル(代表:最上華帆さん[生物環境科学科2年]、顧問:川上 寛子 助教[生物生産科学科])が、潟上市の小規模介護施設「ひかりの樹」で、約20名ほどの利用者さんと職員さん向けに訪問演奏を行いました。演奏後には、秋田県民歌を演奏にあわせて一緒に歌いました。利用者のみなさんは、演奏に合わせて歌ったり、手拍子をしたりして、施設全体が一体となって盛り上がりました。また、実際に楽器に触れてもらうなど、和やかな雰囲気の中で交流を深めました。

 今回の訪問は、生物資源科学部の川上寛子助教と施設の職員とが旧知の間柄というご縁で、演奏の機会が得られました。アンサンブルサークルは、学内のクリスマスコンサートを開催するなど活発に活動をしておりますが、今回の訪問演奏をきっかけに、ボランティア演奏や地域に密着した音楽活動を積極的に行うこととしております。





下記URLより以下の記事も是非ご覧ください
「アンサンブル・サークルによる「Christmas Concert」を開催しました(平成30年12月25日掲載)」
https://www.akita-pu.ac.jp/oshirase/oshirase2018/1302 (外部サイトへ移動します)