モバっちょ


「あきた環境懇話会」平成30年度第2回情報交換会の開催について
 生物資源科学部(生物環境科学科)の宮田直幸教授が副会長、木口倫准教授が事務局幹事兼理事を務める「あきた環境懇話会」では、身近な生活環境や自然環境を主要テーマに大学・公設試験研究機関・民間企業など、異分野間の交流の場として、定期的に情報交換会を開催しています。

 今回は、「秋田の環境と健康〜食と暮らしの健康を誘起させる地域の取り組み〜」をメインテーマに、県民がいきいきと暮らせる社会環境の実現に向けて情報交換いたします。

 また、特別講演として、本学の杉山秀樹客員教授による「ハタハタ」の生態や漁業の実態等についてご講演いただきます。

 参加費無料(資料代別)、参加申込みも不要ですので、ご興味・ご関心のある方は、是非ともご参加ください。

◆日時・場所
平成30年12月22日(土)14時00分から17時00分まで
カレッジプラザ大講義室(秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階)

◆内容
(1)第一部 特別講演
『ハタハタの生態と漁業-秋田のハタハタは、なぜ美味しいか』
講師:秋田県立大学 杉山 秀樹 客員教授

(2)第二部 情報交換会
『健康は減塩から!無塩無添加の「完熟梅シリーズ」製造の軌跡』
講師:株式会社REALE Lab 鈴木 幸絵 代表取締役社長
『受動喫煙防止の取り組みについて』
講師:秋田県由利地域振興局福祉環境部健康予防課 成田 千秋 副主幹兼班長

【お問い合わせ】
秋田県立大学(生物環境科学科)木口 倫 准教授
Tel:018-872-1604
e-mail:o_kiguchi00120*akita-pu.ac.jp
(*を半角@に変えて送信してください。)

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.akita-pu.ac.jp/columnitem.htm?serial_no=885 (外部サイトへ移動します)