モバっちょ


法学部
法と政治の視点から、現代社会を考える理念

■理念
 法学部は、豊かな発信能力と法的思考力(リーガルマインド)を持つ人材育成のための充実した教育・研究をめざします。

 法学・政治学は人間の歴史の中で積み重ねられた学問であると同時に、社会の新たな変化に立ち向かう学問でもあります。そこで法学教育の伝統を受け継ぎ、豊かな法的思考を培うための3コースを設置しています。

 法学部では、研究者として優れていることが良い教育者であることの必要条件であると考え、優れた研究者を教員として採用することに努めてきました。そして現在では、全国的に見ても研究者としての水準の極めて高い教員集団を要する学部となっています。法学部で学ぶことの魅力の一つは、少人数教育を通して、このような充実した教員集団との密度の高い交流の機会が得られることにあります。

■人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的
・主体的に問題を発見する能力と、自己の見解を社会に発信する能力を持つ人材を養成する。

・法学的政治学的知識を主体的に展開する能力、特に自己の主張を論理的に構成し表現・文章化する能力を持つ人材を養成する。

■学科構成
・法学科
 法学教育の伝統を受け継ぎ、豊かな法的・政治学的思考を養うため、次の3つの履修コースを設けています。弁護士や裁判官などの法曹をめざす人が法律科目を中心として学ぶ「司法コース」、公務員希望の人などが法律科目とともに行政関係科目を学んで政策立案能力を身につける「行政コース」、グローバルな世界で活躍する企業人やマスコミを目指す人が法律科目、政治科目、国際関係科目を広く学ぶ「企業・国際コース」の3コースです。

 さらに展開科目として、コースにとらわれず、幅広く学問的知識を身につけるために必要な科目も開講しています。