モバっちょ


授業料減免・分納について/入学料徴収猶予について
【授業料減免・分納】
 大阪市立大学では、授業料の減免又は分納の許可を受ける制度があります。なお、2020年度以降授業料減免・分納制度・納付方法等、変更を予定しています。

対象者:
 経済的理由や不慮の災害に見舞われ、授業料の納付が困難な学生のうち、修学状況が良好で、学習意欲が旺盛な学生を対象とします。なお、習得単位が標準習得単位数未満の者や留年している者は、分納申請のみ受付します。

・申請受付は原則年1回(4月)です。
・対象期間は申請年度の1年間です。
・申請者全てに適用になる制度ではありません。
・日本学生支援機構奨学生や教育ローン貸与中(申請中)の場合でも、申請は可能です。
・法学研究科・法曹養成専攻には「成績優秀者特待生制度」があり、特待生になった学生は授業料減免・分納申請対象外となります。

【入学料徴収猶予】
 入学料徴収猶予は6月末(10月入学者は12月末)まで入学料の徴収を猶予する制度です。この制度を利用した場合、入学辞退ができません。なお、2020年度以降入学料徴収猶予制度について、変更を予定しています。

申請対象者:
 いずれかに該当する者を対象者とします。

T.日本学生支援機構の入学時特別増額貸与奨学金の予約採用を申し込み、「採用候補者決定通知」のある者
 採用条件が「日本政策金融公庫の申込必要」となっている場合は、その手続きを行い採用条件を満たしていること。

U.入学後、本学が募集する日本学生支援機構の入学時特別増額貸与奨学金への申し込みを誓約する者
 ただし、下記のいずれかに該当する者。

1.学部に入学する者は、家計支持者(両親または両親に代わって家計を支えている人)の収入金額の合計が400万円(営業所得の場合は82万円)以下となる者

2.大学院に入学する者は、学生本人及び定職収入のある配偶者の収入金額の合計が120万円以下の者

3.入学前年度中に入学予定の学生を対象とした、日本政策金融公庫による「国の教育ローン」に申し込みを行い、融資を受けることのできなかった事実を示す書類のある者

・入学料徴収猶予の申込受付のため、日本学生支援機構奨学金の申込は別途手続きが必要になります。大学からの案内を見落とさないようにしてください。

・入学後、本学が募集する日本学生支援機構定期採用(在学採用)・入学時特別増額貸与奨学金の採用を保証するものではありません。不採用となった場合でも、納付期限までに本学が指定する口座に入学料を納付してください。詳しくは、合格者に交付する「入学料徴収猶予の取扱いについて」をご覧ください。

・入学料徴収猶予を申請する者で「大阪市民及びその子」に該当する場合は、あらかじめ「入学料納付区分認定手続」を財務課で行い、入学料徴収猶予の申請を学生課で行います。

<日本学生支援機構入学時特別増額貸与奨学金について>
 日本学生支援機構入学時特別増額貸与奨学金とは入学時の一時金を有利子で貸与する奨学金で、入学時特別増額貸与奨学金のみの申し込みはできないため、日本学生支援構第一種奨学金(無利子)または第二種奨学金(有利子)と併せて申し込みすることになります。

 なお、日本学生支援機構奨学金は、家計支持者(学部生は両親または両親に代わって家計を支えている人、大学院生は本人)の収入状況および家計状況、本人の学力(研究)状況の審査により採用されます。

 入学時特別増額貸与奨学金への申し込み方法や家計基準等、詳細は日本学生支援機構ホームページでご確認ください。

お問い合わせ先:
学生課(学生サポートセンター1階)
(平日:9時〜17時)
genmen*ado.osaka-cu.ac.jp(*を半角@に変えて送信してください。)

詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/education/financial_aid/exemption (外部サイトへ移動します)