教育学部2年生らの学生団体がユーチューブチャンネル「大学生図鑑」を開設

 本学教育学部2年の後藤大地さんが中心となり設立した学生団体「fabulous fabula(ファビュラス ファビュラ)」が、ユーチューブチャンネル「大学生図鑑」を開設しました。
 同団体は、後藤さんが認定NPO法人 Teach For Japan2020春季にキャンパスアンバサダーとして参加した際に知り合った、慶応義塾大学の下平涼葉さん・九州大学の和田千夏さんと3人で設立し、大学に進学する高校生の目的意識や「大学」の価値・定義そのものに「教育」の観点からアプローチをしています。団体名の「fabulous fabula」は「Fabulous:素晴らしい・信じがたい (英語)」と「Fabula:物語・劇 (ラテン語)」からなり、大学生が悩む過程も大切なストーリーの一部だという思いが込められています。
 今回開設された「大学生図鑑」に投稿されている約5〜20分間の動画は、大学生が同じ大学生をインタビューする形式で展開されており、主に教育系の学部で学ぶ学生が自身の将来や抱えている悩みなどについて語る内容になっています。
 後藤さんは「半年以上の準備期間を経て、やっと開始した活動です。高校生に届けることに難しさを感じることも多いですが、今後は山梨県内をはじめとする全国の高校などに働きかけながら、より活発に活動していきたいです。その結果、教育に興味のある高校生が、『やりたい!』のような自身の“想い”をより大切にしながらより良い進路を選択して欲しいです。同時に、自身も教育実習などでの経験を大切にしながら、残り2年の大学生活を送りたいです」とコメントしています。

※学生団体「fabulous fabula」
※ユーチューブチャンネル「大学生図鑑」


コメントする後藤さん